FC2ブログ

くうの写真蔵

(´・ω『+』かしゃ!!

最後かも? 


50年以上日本の空を飛んでますが

くうが飛んでるその姿を見るのは初めてでした(*^^*)








IMG_5031.jpg







キーンって甲高いエンジン音と

ブーンって野太いプロペラ音

聞く人聞けば懐かしむダートサウンド



戦後初の日本メーカー製の旅客機YS-11

そのYS-11の航空自衛隊納入バージョンであるYS-11FCです



YS-11FCとは航空自衛隊入間基地に所属する飛行点検隊のヒコーキ

日本各地にある自衛隊が管理する飛行場の

離発着のための設備が正しく働いてるかどうかを点検するのがお仕事のヒコーキです







2V9A8146.jpg






ここ丘珠空港も実は陸上自衛隊が管理する空港なのです


丘珠空港は元々は旧日本陸軍が作った軍用空港

戦後アメリカ軍の接収を経て陸上自衛隊が駐屯

その後民間旅客機の乗り入れが始まったという経緯があります





YS-11というと

180機あまり生産されかつては日本の空を

旅客機として縦横無尽に飛んでいたようですが

くうはYS-11とは縁がなく

飛んでる姿はおろか旅客機版YS-11を見たこともありません




YS-11が作られた1960年代の日本の技術では作ることのできなかった

「ダート」と呼ばれるロールスロイス社製のエンジン

その特徴あるエンジン音「ダートサウンド」を

一度は聞いてみたいと思ってたとこだったんですね












じつはこの航空自衛隊のYS-11FCも

予備のエンジン部品の枯渇などの諸事情もあって

今年限りで引退、と囁かれています



空港設備の点検と言っても

そうそうしょっちゅうやってるわけではありませんから

タイミングが合わなければ

お会いすることも叶いません



もしかしたら丘珠では最後かもしれない

YS-11FCのお仕事に立ち会えて

良かったと思います(・∀・)






丘珠空港にて






スポンサーサイト



数年ぶりの再会 



たしか最後にお会いしたのは

2016年のこと

あれから5年

随分と時間が経ってしまったのですね…







2V9A7962.jpg







真ん中に人だかりができてるヘリコプター

陸上自衛隊が誇る最新の偵察ヘリOH-1でございます

そのOH-1のお姿を

くうは5年ぶりに見ることができたのです\(^o^)/





思い返せば2015年

エンジンに不具合が見つかったということで飛行停止措置発動

全機改修が必要とのことで

そこから長い長い修理生活が始まるのであります


2019年には飛行停止措置は解除されますが

丘珠のOH-1は沈黙を保ったまま。

改修の順番が来ていなかったのでしょう




そして時は流れ2020年

ようやく時はきました

丘珠のOH-1復活のときです…



…だと思うんですが、どうでしょ?

結局くうが見てるあいだは飛ぶことなく

また格納庫に仕舞われていきましたが…








DSC01124.jpg

2016年札幌航空ページェントでの展示





やっぱりローターという名の翼がついているんだから

ヘリコプターは空を飛んでなんぼのもの

OH-1の復活、お待ちしてます(・∀・)





丘珠空港にて





中止 



ホントなら今ごろ

千歳基地でワクワクしながら

その時を待っていたはずなんですけどね( ´Д`)=3








2V9A5286-2.jpg







先月発表されていたブルーインパルスの

千歳基地での遠征訓練

直前になって諸事情により中止と相成りまして。



事前に取っていたお仕事の休みもそのままに

お家でマッタリするはめになっております。。。




そうね、今日は雲が低そうだから

ブルーが来ても大したことはできなかったでしょうね(`;ω;´)
















楽しみが無くなっていくことに慣れてきたな。