FC2ブログ

くうの写真蔵

(´・ω『+』かしゃ!!

Rally Japan 2010観戦記 ~Day0 ラリーショーバトル!~ 

はい あまりに忙しいこの頃

長い記事を書くヒマがなくて放置していたRally Japan 2010観戦記

約2週間ぶりにお休みがもらえましたんで

えっちら おっちら筆を進めましょうかね?




2010.9.9 午後

シェイクダウンを思いっきり楽しんだあとは

札幌ドームをあとにして 自宅へGo!であります


2008年Rally Japanでもやったあの技を今年も実行であります


あの技とは・・・

その日撮ったシェイクダウンの画像を自宅にてA4サイズにプリント

で ラリーショーにて選手にサインをいただくっと (*>∀<*)


札幌在住で札幌開催だからできるこの技

国内外を問わず選手には結構驚いてもらいましたよ


でもね この技

事前の準備(プリント用紙とかインクとか)が大切なんですよ

ええ 最後の1枚ってところでインク切れしちゃいました (*=ω=*)ゞ



ハイ 大急ぎで画像をセレクト、プリントしたくうは

移動時間を考えると ぎりぎりのタイミングで自宅を飛び出しました



クルマを札幌ドームに停めて

向かうは北翔クロテック月寒ドーム 

今年のRally Japanのサービスパーク兼ヘッドクウォーターであります

札幌ドームから月寒ドームまで徒歩25分♪

若干 遠い感じが・・・




9.9 Rally Japan LX5257 <Lumix LX5>

ハイ 到着いたしました サービスパーク


おお (@O@)

札幌ドームのシェイクダウンではギャラリー少なくて

大丈夫かな?って感じでしたが

このサービスパークの人出はすごいですな



ちなみに上の画像

左がシトロエンで右がフォードのワークスブース



で この”メインストリート”を前方に進み

突き当たりを左を向くと・・・

TPCT8425.jpg
<Pentax K-7+Sigma 70-200 f2.8>

PWRC勢のブース


くう個人的には2008年の札幌ドームでのサービスパークよりは

今年のサービスパークの方が なんとなく平和な雰囲気が感じられて

いい感じって思ったんですけどね

ただ プライベーターへのアクセスが今年もないのが

残念至極でございました・・・



選手にサインを貰える絶好のチャンス ラリーショーまで

時間がまだあるんで 物売りコーナーへ行ってみましょうかね・・・



・・・Rally Japanに通い始めて4回目になりますかね?

今年のRally Japanの物売りコーナーほど不況を感じるところはなかったですね

ワークス参戦のシトロエンとフォードが

ひとつテントの下でつつましく合同物販コーナーを開いてるのは例年通りとして

今年はワークス参戦してないとはいえ 2008年には大賑わいだった

三菱とスズキのコーナーがまったく影も形もない!!!


今年のRally Japanで一番がっくり来ました il||li (つω-`*)il||li



その他にはWRCの雑誌系などの物販コーナーががんばってましたけど

寂しい限りでございました・・・



と あともうひとつ がっくりなことが・・・

ペター・ソルベルグ選手のグッズが

この時点でほぼ売り切れでありました・・・


かなり楽しみにしてたんですけどね

残ってたのは女性用のTシャツと雨よけポンチョ

結局ペターグッズはなにも買わなかったんですけどね



・・・ポンチョだけでも買っとけばよかったカナ

なんて 少し後悔の今日この頃




が そんな中でもスバルのコーナーが出ていたのは

くうには希望の光に見えましたね


・・・メンテナンス費用が高いなんて ブーたれながら

スバル車に乗ってるくうでありますが

こんな感じなら 次に乗るクルマもスバルにしようかしら・・・?




とか言いつつ 

くうが今一番ほすぃのは 物販コーナーに展示してたコイツ

TPCT1397.jpg <Pentax K-7+Sigma 70-200 f2.8>

シトロエン DS3

1.6Lターボコンパクトカーにして次期WRカーのベース車両

自由に触っていいのをいいことに

じっくり観察してまいりました (「・ω・`)・・・ドレドレ



と そろそろラリーショーが始まる時間なんですが・・・

と思ってたら いつの間にか始まってじゃないですか!?



例年なら整然ととは言えないまでも

お目当ての選手の前に1列に並んでるんですがね

今年の場合は この時間になったらサイン会始めてくださいね~

あとは頼みましたよ~ってな感じのラリーショーだったんで

黒山の人だかりの向こうに選手がいるって感じ




ラリーショーが始まった時点で

PWRC勢の辺りをうろついていたくうは

WRC勢のサインを貰うには完全に出遅れたわけなんですが

ま 正直なハナシ コレも計算通りでありました


というのもですね

2008年のときには WRC勢のサインを貰おうとして

人気の選手の辺りを右往左往してるうちに

時間切れとなって 結局ほとんどサインを貰えなかったという

失態を演じてしまったわけなんです


なんで 今年は”サインは貰えるとことから”をコンセプトに動くことにしました


人気があって人が集まるところは後回しにして

取りあえず確実に貰えるとことから攻めることにしてたんですね

そのために シェイクダウン後の自宅プリントでは

WRC勢に加えて SWRC,PWRC勢のも用意したんですな p(炎_炎)q


実際 PWRC勢はガラガラでしてね

外国人選手に思い切って ”さいん ぷり~ず!!(←英語的には間違ってるらしいですけど)”

って 呼びかけれれば

結構な確率で自宅プリントにサインを頂くことができました


ま ただ 呼びかけるべき選手がどの人か?

どの人がドライバーでどの人がコ・ドライバー?

ってゆう 根本的な問題がありましたけどね・・・ 



あ ちなみにラリーショーの間は

カメラは完全にカバンにしまってたんで

この間の画像はナイっす m(._.)m




さて PWRC勢もあらかたサインを貰って

今度はシトロエン、フォードの選手にアタックしましょうかね


と ここで人の流れをよく観察

・・・するまでもなく 大人気なのは

シトロエンのローブ選手とライコネン選手の辺り


ということで比較的空いているフォードの選手に突撃であります ∠( ̄◇ ̄) アイアイサ-!!


・・・戦果

ハリ・アル-カシミ殿下

フェデリコ・ビラグラ選手とコ・ドラのコンパンク選手

ヘニング選手のコ・ドラ イルカ・ミノア選手

マシュー・ウィルソン選手

そして ヤリ-マティ・ラトバラ選手

以上6名の方々のサインを頂くことに成功しました (V^-°)イエイ!




ところで ここで世界最強のプライベーター

ペター・ソルベルグ選手のところも覗いたんですけど

なぜか 一生懸命サインしてたのはコ・ドラのクリス・パターソン選手のみ

ファンサービスの鬼のようなペター選手が見当たりません

???と思いつつ

人の多さにアタックを諦めましたが

ペターがインフルエンザに罹ったと知ったのは次の日のことでした



さてさて ラリーショーも

平和と一部混乱のうちに終了を迎え

次に行かなくてはならないのは

SS1とSS2が行われる札幌ドームであります


ホントはここで月寒ドームから札幌ドームへのバスを利用するつもりだったんですが

一日何回でも使えるとはいえ¥1000という金額と

乗車まで30分以上待たなければならないというアナウンスがあったんで

札幌ドームまで歩くことに致しました


行きも帰りも歩くってゆうのは想定外だったんですがね

途中でこんなシーンに出くわしたから

ま いいっかなんて・・・

TPCT8441.jpg
<Pentax K-7+Sigma 70-200 f2.8>

街中を信号にしがってすすむWRカー






F1とかツーリングカーレースじゃ絶対見られない


だってねぇ?F1マシンが街中で信号待ちしつつ

サーキットに向かうなんてありえないでしょ?



でもラリーでは当たり前の光景

世界最高峰のイベントWRCであっても

北海道地方選手権レベルのイベントであってもそれは一緒



レーシングカーが普通に街の中を走る

そんな不思議な光景がみられのもラリーの魅力であります ゚.+:。(≧∇≦)ノ゚.+:。 ハーイ♪

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://syasingura.blog.fc2.com/tb.php/455-aa96ea74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)